東大阪市の石切神社の参道が面白い

近鉄奈良線の石切駅は生駒山の山麓にあり、石切駅を出るとすぐに生駒トンネルに入り、それを抜けると奈良県の生駒市となる府県境に位置します。この石切駅から山を下る形で石切神社の参道が続きます。

石切神社は、元々はデンボの神様として有名で、そこから転じて癌等の重篤な病の平癒を願う参拝者のお百度参りが絶えない神社で、大阪府下の信仰を集めています。その神社に至る参道が面白いのです。

占いの店、様々な品物を売る商店、観光地によくある食堂、そして何を祀っているのか定かではない祠等が軒を連ね、独特な雰囲気を醸し出しているのです。参拝者は高齢者が多く、商店で売られている品も、高齢者向けが多くなっています。

大阪市内の観光スポットは、外国人観光客で溢れていますが、さすがにここは近隣から訪れていると思われる高齢者が中心で、外国人観光客の姿は見受けられません。近隣の方なら、一度は訪れる価値のあるスポットと言えます。

また遠方の方なら、大阪や奈良観光に来られる際に、立ち寄って見るのも面白いスポットですよ。大阪の町は雑然として混とんとしているのが特徴ですが、この石切神社の参道は他の大阪とは違った雑然とした雰囲気で非常にユニークです。

近年、外国人観光客は有名な観光スポットのみならず、日本人が気付かないようなスポットにSNSの口コミで殺到する事が増えています。外国人の心に響くような何かがあれば、一気に観光スポットとしてブレークする事も考えられます。

大阪に行くことがあったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

京都のWILD-1はアウトドアグッズの宝庫です。垂涎モノのアイテムもあります

京都府下にアウトドアショップって、あまりありませんよね。アウトドア派の私にとって、正直言って結構つらいです。

ヨドバシカメラ京都にはアウトドアフロアはありますが、ロゴスやコールマンと言った定番商品が多く、ちょっと個性的なアウトドアグッズを探すとなるとなかなかないのが現状です。

ネットショップで商品を探すというのもありな話ですが、アウトドア関係のグッズって実際に目で見て、手で触って、体験したりしないと書いにくいものも多いので、ネットショップオンリーで商品を購入するというのもなかなか難しいです。

そこでおすすめするのがWILD-1というお店です。京都では京都市左京区岩倉の宝ヶ池店1店舗のみです。実は関西にはこのWILD-1は京都の宝ヶ池店しかなくて、関西人にとってはとてもレアなお店なんです。

このWILD-1はいろいろなメーカーのアウトドアグッズがあるのですが、一番の見どころはWILD-1の独自ブランドがあるということです、その名もテンマクデザイン。
個性的なタープやテントを作っているブランドです。ネットでも購入することができるのですが、ネットだと数量の問題ですぐに売り切れてしまうんです。でも店舗ならばネットで買うことができないテントも普通に売っています。
現物を見ることができるので、購入を決めるための情報もたくさん得ることができます。

最近はキャンプがブームになっていろいろな人がキャンプをしていますよね。テントが他の人とかぶってしまうのが嫌だなという思いを持っている方って結構いるとおもんですよね。でもこのWILD-1のテンマクデザインならば比較的持っている人も少ないので、おすすめです。そんなアイテムが実物で展示されているWILD-1はおすすめのアウトドアショップですよ。

 

【店舗情報】

店名:WILD-1 京都宝ヶ池店

住所:京都府京都市左京区岩倉西五田町41

電話番号:平日 10:30~20:00/土日祝 10:00~20:00

 

京都のつけ担々麺!いちおしの「風来房」は評判通りメチャウマです。

京都のラーメンと言うと、ラーメンのことを知らない人なら鶏ガラスープのあっさりラーメン、ラーメンが好きな人なら、豚骨醤油ラーメンと思われがちですが、じつは担々麺も美味しいんですよ^^

ということで、今回ご紹介するのは京都府長岡京市にある風来坊というつけ担々麺のらーめん屋さん。
平日の昼間であっても12時から13時の時間帯ならば10分か15分は待たないと入ることができないような人気ラーメン屋さんです。

休日になると、混む時間帯ならば店の前に10人くらい並んでいるような状態です。

メニューはつけ担々麺なんですが3つの種類があります。中国の四神になぞらえて、白虎、玄武、鳳凰、青龍に、黄龍というメニューがあります。

白虎は基本、玄武は黒ゴマ、朱雀は酸っぱい、鳳凰は超辛い、黄龍はカレー風味とそれぞれ個性を持ったメニューです。

もちろんつけ担々麺によくある熱盛りもありますし、スープ割りも可能です。

あとサイドメニューで肉味噌飯もありますが、この肉味噌飯もめちゃうまいです。甘い肉味噌が辛いつけ麺を中和してくれます。ぜひ頼んでみて下さい。病みつきになりますよ。

最寄りの駅からかなり遠く、でも駐車場が少ないという辺鄙な場所にありますが、一度食べたら結構病みつきになっちゃうつけ担々麺の風来坊、ぜひ行ってみてください。

 

【店舗情報】

店名:風来房

住所:京都府長岡京市神足大張8番地

電話番号:075-951-1747

営業時間:11:30~15:00/18:00~21:00

定休日:不定休

アクセス:JR東海道本線「長岡京駅」より徒歩12分

京都の激うまたこ焼き店「蛸虎 本店 」を紹介しちゃいます。

大阪の友達が京都に友達が来るので、何か美味しい物を食べてもらいたいなと思ったんです。

大阪のB級グルメと言えばたこ焼き、そこで京都も負けちゃいませんよ、ってことで「蛸虎」というたこ焼き屋さんに行ってきました。

蛸虎の本店は京都市内の左京区にあります。

普通の街の道路に面したお店で、向かい側には昔ながらの手作りアイスらしきお店がありますよ。

蛸虎本店の店内に入ると、中でも飲食できる為のお座敷とカウンター席があります。たこ焼き屋さんにしては、なかなかの座席数ですが、その座席はいつも人でいっぱいな程の人気です。

案内されたのは、2つだけ空いていたカウンター席。早速、たこ焼きを注文して待つ事10分。やや大ぶりのたこ焼きで、表面はしっかりと焼かれています。大阪の友達も「美味しい、美味しい」と言って食べてくれましたよ。

外側はカリカリで中はしっとり。生地の味、使ってるタコ、全てにおいて普通のたこ焼き屋さんとは全然違います。なんというか、たこ焼き全てにおいてこだわりが感じられるんです。これは、一度食べてみたらわかると思いますが、病み付きになりますね。

たこ焼きとともに人気の「タコ珍味」はテイクアウトして、友達に渡しました。

まだ行ったことのない方は、ぜひ蛸虎本店 に行ってみてくださいね^^

 

【店舗情報】

店名:蛸虎本店(たことら ほんてん)

住所:京都府京都市左京区北大路高野交差点上ル西側

電話番号:075-791-5205

営業時間:17:00~24:00

定休日:火曜日(火曜日が祝日の場合は営業。翌日休み)

アイが関西の情報を教えちゃいます。

はじめまして。京都市在住の独身OL・アイと申します。

このサイトでは、京都を中心に関西のいろいろな情報をお伝えしていきます。

私の趣味はショッピングと旅行です。近場だと京都駅ビルで買い物したり、ポルタやイオンモールKyotoなんかにもよく行きます。

京都市に住んでいながらも神社仏閣が大好きで、仕事が休みの日は伏見稲荷大社や清水寺、南禅寺、下鴨神社、三十三間堂なんかを一人で廻ったりします。

そんな女なので、30歳を過ぎても独身で、しかも彼氏もいないんです。

だから癒される場所がなくって、仕事のストレスがたまると食べることで発散をします。

出町ふたばの豆餅、中村藤吉京都駅店の抹茶アイス、茶寮都路里 伊勢丹店の抹茶パフェなどを食べに、よく仕事帰りに行きます。

おかげで体重は増えちゃってますけどね。まぁ、そんなに気にせずに楽しく生きていきたいと思うのでこれからよろしくです!