京都の天下一品本店はやっぱり美味しい

天下一品といえば、やっぱり京都本店が一番おいしいですよね。

天下一品 ラーメン

何を隠そう、私、天下一品の大ファンなんです。

好き過ぎてその天下一品の発祥の地、京都本店に週2~3回は食べに行きます。

天下一品本店は、京都市内の「左京区」にあります。

とても雰囲気の良い街路樹のような道路に面していて、近くにはレンガの建物やオシャレな雰囲気を感じます。

近くに大学等がある為か、オシャレな若者が行き交っています。

でも人気店だけに、本店はいつも行列です。すくなくとも30分は待つことになります。

テレビでもよく紹介されていますが、皆さん驚くのが実際に行ってみると予想を遥かに越えた狭さです。

また、店内はお世辞にも綺麗とは言えない感じですが、ラーメンは美味しいですよ。

他のどの天下一品のラーメンよりも遥かに美味しい気がします。

あの味があったから、こんなにチェーン展開する程までに大きくなったという事に、激しく納得するだけの味。

並んでいた時に気が付いたのですが、私以外にも遠くからわざわざ食べに来ていた人がたくさんいたんですよ。

言葉が関西ではない人がたくさん溢れていました。

他の人たちも、近くにあったら毎日でも食べたくなるでしょうね。

店舗情報:天下一品総本店

住所:京都府京都市左京区一乗寺築田町94 メゾン白川

電話: 075-722-0955

営業時間:11:00~深夜3:00

定休日:木曜日

アクセス:・叡山電鉄叡山線「茶山」駅から徒歩10分
・京阪本線「出町柳」駅からタクシーで10分
・京都駅前から京都市営バスで約45分「一乗寺木ノ本町」下車、徒歩3分

大阪城ちかくの美味しいパン屋さん「ムーランエカフェ・グウ」

大阪城公園

大阪城公園と言えば天守閣が見所ですが、最近は外国人観光客が増えたので周辺地域も発展してきましたね。

まず大阪城公園内のトイレが奇麗になり、コンビニや飲食店も豊富になり、手ぶらでも行けて便利になりました。子供には公園内を走るロードトレインがおすすめです^^

バーべーキューエリアやプロジェクションマッピングのイベントもやっていて年中楽しめるようになっています。少し足を延ばせば、キューズモルや評判の飲食店があり1日中飽きることがありません。

その中でもお勧めのひとつが、ハード系パンが人気のムーランエカフェ・グウです。パン生地の小麦の美味しさが味わえるパンです。

ムーランエカフェ・グウ

ハードでも食べやすく美味しいですよ。ハード系以外にも、やわらか生地の春よ恋ピーナツバターパンも美味しいですよ。

店舗外にテラス席が用意されていて、店内でコーヒーも注文できるのでテラス席で食べることも出来ます。

ムーランエカフェ・グウをもう少し進んだところにある、フルーツキッチンほのかもお勧めです。

パンケーキが目立っていますが、私はパスタを頼むことが多いです。もちもちの私好みのパスタで他のお店で食べるより美味しいです。チョコのパンケーキを食べましたが、ひとりで食べるにはちょっと多いくらいのボリュームです。

大阪城周辺には美味しいお店がたくさんあるので、いろいろ巡ってみるのも楽しいですよ。

【店舗情報】

店名:Moulins et Cafe gout(森之宮店)

住所:大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-10-16 第2森ノ宮中央ハイツ1F

電話番号:06-6949-2221

営業時間:8:00~20:00

定休日:木曜日、第1・3水曜日

京都の不用品回収業者に引っ越しの不用品を回収してもらいました

京都の不用品回収業者

こんにちは。京都在住の独身で寂しいOLアイです。こんかいは京都の不用品回収について話したいと思います。

わたしが5年程住んでいた賃貸マンションからの引越しする時、捨てることができなかった数々の物を不用品回収業者に依頼して回収して貰いました。

女一人暮らしなので、そんなに溜め込んでいた意識は無かったのですが、扇風機や加湿器、布団に敷く竹マット、買い換えることにした電子レンジ、その他もろもろありました。

自分で運び出すには重い物もあるし、エレベーターがあるにしても、何回も持てるだけ持って、ゴミ捨て場行って、又戻ってと繰り返すのも大変だし、引越しの荷造りも進めたいしで時間も無いので業者に依頼することにしたんです。

早速、インターネットで評判がよさそうな業者を探して、電話したところ、値段は「行って見てみないとはっきりとは言えない。見積もりをかねて伺う」と言われ、そこにお願いすることにしました。

そのあと、不用品をお風呂場に次々積んでいった結果、バスタブと、バスタブと同じくらいの大きさの洗い場を占めるくらいの量。見たところ、思ったより結構な量あるな、幾らくらい掛かるかなと少し心配になりました。

当日来たのはテキパキ仕事してくれそうな感じのお兄さん。どんな人が来るのかな、と不安もあったりしたので、とりあえずひと安心。見積もり金額を確認すると16,000円でした。

不用品回収業者のトラック

もう少し何とかならないものかと(関西人ですから笑)、値下げ交渉してみたら、1,000円値引きして貰えましたよ。

スタッフの男性がもう一人現れて次々と二人で運び出し、さくさくと終了。素早く作業をしてくれて助かりました。

うわさでは、悪徳業者もいると聞いていたのでどうなのかなと思ったけど、対応も良くほっとしました。

不用品の処分って困りますよね。理想はこまめに処分した方がいい、というのは分かっているけど、実際には、引越しなどの機会がなければなかなか片付けられないですしね。

できるだけ自分で処分できれば良いんですが、困った時は不用品回収業者に依頼すると良いですよ。

私が依頼した回収業者はこのサイト→「京都で不用品回収※サービスと対応に定評のある業者は?」で見つけましたよ。

厳しい審査に合格した優良な不用品回収業者だけを紹介してくれるので、安心して依頼することができます。価格も比較できるので、最安値で回収してもらえますよ。ケチな関西人としては嬉しいですよね。

大阪府吹田市のエキスポシティは、クリスマスシーズンが最高!

大阪府吹田市のエキスポシティ

吹田市には広大な敷地に日本一高いという観覧車があり、周囲には四季折々で楽しめる庭園、大阪で有名な太陽の塔、そしてサッカーの試合も行われる吹田サッカースタジアムが隣接された、ららぽーとがあります。

平日は主婦やママ友たちがゆっくりショッピングをしたり、カフェで本を読んでいたり、会話に盛り上がったりしています。

また、学校帰りの学生たちが本屋で参考書を探してそのままカフェで勉強をしたり、シニア世代の方からさまざまな年齢層がたくさんいて賑わっています。

休日や特にサッカーのイベントがある日は、ガンバ大阪のユニフォームを着た子供から大人までのファンの方たちで溢れていて毎日のようにとても活気ある場所です。

イベントや四季によりたくさんの催しがありますが、中でも一番好きなシーズンはクリスマスです。ドイツのクリスマス市をイメージしたというイベントは最高ですよ。

周囲が暖かな色合いのゴールドに包まれたキラキラ輝くイルミネーションで、子供だけでなく大人も感動しちゃいますよ。

その他にはホットワインやスパイスワインで体を芯から温めて、パンにソーセージを挟んだドイツ式の軽食を食べて楽しい一時を過ごせます。なんだか本場のドイツに来てしまったかのような気分になりますよ。

イエスキリスト誕生のシーンを再現したものや、観覧車は期間限定なのでインスタ映えするし、何枚も写真を撮りたくなります。やっぱりクリスマス時期は超オススメです。

クリスマスシーズンに大阪に行ったら、エキスポシティに行ってみてくださいね。

パスタとケーキが美味しいSECOND HOUSEは京都人の憩いの場所

京都でちょっとおしゃれなランチをしたい、でもおしゃれだけじゃなくてゆっくりもしたいな。できることならばあんまり高くないところが良いね、となったときのおすすめがSECOND HOUSEです。

京都市内に13店舗もあるんですが、わたしがよく行くのは中京区にある東洞院店です。この東洞院店は町家を改修したお店で、外観は町家そのものです。中も今風のお店に改修しているわけではなく、町家の風情も残しながらなので、京都らしさがとてもあるお店ですよ。

二階の窓側の席から桜の木が見えるのですが、桜が満開の季節に行けば、花見をしながら美味しいパスタが食べれます。

メニューはパスタがメインです。あとサイドメニューでキッシュなどもあります。お昼はランチがあって、ドリンク付きでオトクです。店はゆっくりしていても特に違和感がありません。店員さんもせかせかしていませんし、ゆっくりしていても特に何も言われませんよ。

私は、SECOND HOUSEに行くと2時間以上ゆっくりします。それくらい落ち着いたお店です。

最近コーヒーショップでは、PCを開いているノマドワーカーの方も多いと聞きますが、SECOND HOUSEは食事のできる場所なので、ノマドワーカーはほぼいません。そういった意味でも落ち着いて過ごすことができるお店です。

仕事が忙しくて店内で食べられないときは、ケーキを買って家で食べることもあります。京都でパスタとケーキと言えば、SECOND HOUSEがイチオシですね。

 

【店舗情報】

店名:セカンドハウス東洞院店

住所:京都市中京区東洞院通六角下ル御射山町283 2F

電話番号:075-241-2323

営業時間:11:00~22:30

定休日:なし

京都の呉服屋さんで初めて買った自分用の着物

私は以前から和装に興味があったというわけではなく、10代の頃は「暑いし動きにくいから」という理由で夏祭りに浴衣も着ないような女の子でした。

ところが、成人式のためにレンタル振袖を選びに行った時、今までなんとも思っていなかった和服が突然とっても可愛く思えたのです。

繊細な柄が、華やかな色が洋服にはない魅力的なものに感じました。

「いつか働いて、レンタルじゃない自分の着物を買おう」そう心に決めました。

それから大学を卒業し、社会人となった年のゴールデンウィーク、初めて着物を買いに京都市内の呉服屋さんへ行きました。

社会人とは言ってもまだ1年目。そんなにお金はかけられないので、長く着れる袷の着物を1着買うつもりだったのですが、今から仕立ててもらうと出来上がる頃にはもう6月。

今年も暑くなりそうだし夏の帰省時にも着物を着たいな~なんて思っていたので淡い水色の絽の着物を購入しました。

初めて自分で購入した着物が嬉しくて完成するまでの1か月、ヘアアレンジや帯の結び方を調べたり次に買うとしたら袷の着物かな~と妄想したりして過ごしました。
そして待ちに待った着物が完成。

次の日すぐに着付けをして、念願の着物で近所の図書館へと出かけました。(若い子が着物で図書館なんて素敵じゃない?)と思い、内心かなりテンションが上がりながら着物の着付けに関する本を読んでいました。

すると近くを通りかかった40代半ばと思しき女性が、小声で話しかけてきたのです。
「あなたそれ絽の着物?ご存じないのかもしれないけど、それ7月から着るものなのよ?」

突然のことに、私は驚きました。

確かに以前読んだ着付けの本に、そういったことは載っていましたが気温に合わせて好きに着ればいいと思っていました。

「あ、実は、これしか持っていなくて、あと、今日暑いので」

とっさに言い訳めいたことを言ってしまったのですが、女性はブツブツを着物のルールを説いてきます。

「最近の子は、おかしな着方をしてるでしょう…日本らしい着物文化が…そもそも和装っていうのは…」

(噂に聞いていたけど、本当にこんな人がいるんだなあ)

私は話し続ける女性を前に意識を遠くに飛ばすことしかできませんでした。

(ああ…水羊羹食べたいなあ…)

外では、季節外れのセミが鳴いていました。

少しだけ落ち込んだ帰り道、近所の小さな和菓子屋さんで水羊羹を買いました。
家に帰り、好物の水羊羹を食べるとさっきの出来事なんて気にすることないと思えてくるから不思議です。

(これからも好きなように着たらいいんだ、私の着物なんだもん!)

そう思うことができました。

今でも、水羊羹を食べると時々思い出します。

肩にカーディガンを巻き、サンダルにストッキングを合わせていた女性に「着こなし」を注意されたあの日のことを。

それは、夏のように暑い、6月の出来事でした。

いまはもう、着物を着る機会がなくなったので、思い切って着物を買取りに出そうと思うんです。

京都といえば着物の名産地だけあって、呉服店はたくさんあります。どの買取店に売ろうか悩んでいたところ、この着物買取京都でおすすめの出張買取店が紹介されていました。

査定だけの確認でも利用していいらしいので、こんど電話してみようと思います。

京都市内のホットヨガに通うことにしました

私がホットヨガを始めたきっかけは「冷え・むくみ」です。とにかく1年中冷えている。特に下半身の冷えが酷く、むくみも凄かったのです。

正直、「冷え」に関しては苦痛ではなかったのですが(暑がりなので)、むくみが凄い。おかげでふくらはぎがいつもパンパンで、スキニーパンツも穿けないし、スカートで足出しなんておこがましくて出来ませんでした。

そんな時に見つけたのが京都市内にある「ホットヨガ」でした。なんとなくだけど、汗をたっぷりかいたらむくみが良くなるのでは?!と当時は安易な考えで初回トライアルに申し込んだのです。

通い始めてすぐは結構大変でした。動きはそんなに激しくないはずなのに、終わった後はもの凄い疲労感。私の場合は特に身体も堅かったので、翌日には筋肉痛も襲ってきました(笑)

そして最初の感想は「あれ?汗ってこのくらいしか出ないの?」でした。そうなんです、代謝が悪かったのか、実は最初はあまり汗が出ませんでした。よく広告で見るような滝のように流れる汗をイメージしていた私は、ちょっと拍子抜けでした。(今考えたら当たり前ですよね。)

それでも週1~2回、通い続けるうちに少しずつですが変化があったのです。まず、汗が出る量が変わりました。

ヨガのクラスにはいくつかクラスがあり、初心者用~上級者用に分かれていて、上級者になるほどハードなもの(運動量が多い)でした。最初は、運動量が多いクラスでしか汗が出なかったんです。それが暫く通うと、初心者用の運動量が少ないクラスでも、開始20~30分で尋常じゃないくらいの汗が!「これが広告で見ていた、滝のように流れる汗だ!」と嬉しくなったことをよく覚えています。

さらに当初悩まされていたむくみもだいぶ改善されました。恐らく血流が良くなったことが要因だと思いますが、以前のように足がパンパンで辛いこともなくなりました。ホットヨガが終わった後は、足も随分軽くなったのです。

そして、なんと嬉しい誤算も。ウエストダイエットしているつもりはなかったのですが、勝手にウエストがー5㎝!!これには驚きました。ホットヨガをしている中で、自然と腹筋やウエストを捻る動きがあったからだと思います。

個人的には汗でTシャツが張り付いたりするのが好きじゃないのですが、ホットヨガはその域を超えているので、全然気になりませんでした。終わった後にシャワーを浴びたらスッキリできて、心地よい疲労感を得られます。ジム通いに失敗しているわたしでも、ホットヨガなら続けていけそうです!

そんなわたしが通っているホットヨガスタジオは、このサイト「ホットヨガ 京都」で見つけましたよ。

全国展開している大手3社のホットヨガ体験レッスンの紹介もあるので、自分にとってどのスタジオが良いか決めるのに参考になりました。

ホットヨガに興味があるなら、ぜひチェックしてみてくださいね^^

東大阪市の石切神社の参道が面白い

近鉄奈良線の石切駅は生駒山の山麓にあり、石切駅を出るとすぐに生駒トンネルに入り、それを抜けると奈良県の生駒市となる府県境に位置します。この石切駅から山を下る形で石切神社の参道が続きます。

石切神社は、元々はデンボの神様として有名で、そこから転じて癌等の重篤な病の平癒を願う参拝者のお百度参りが絶えない神社で、大阪府下の信仰を集めています。その神社に至る参道が面白いのです。

占いの店、様々な品物を売る商店、観光地によくある食堂、そして何を祀っているのか定かではない祠等が軒を連ね、独特な雰囲気を醸し出しているのです。参拝者は高齢者が多く、商店で売られている品も、高齢者向けが多くなっています。

大阪市内の観光スポットは、外国人観光客で溢れていますが、さすがにここは近隣から訪れていると思われる高齢者が中心で、外国人観光客の姿は見受けられません。近隣の方なら、一度は訪れる価値のあるスポットと言えます。

また遠方の方なら、大阪や奈良観光に来られる際に、立ち寄って見るのも面白いスポットですよ。大阪の町は雑然として混とんとしているのが特徴ですが、この石切神社の参道は他の大阪とは違った雑然とした雰囲気で非常にユニークです。

近年、外国人観光客は有名な観光スポットのみならず、日本人が気付かないようなスポットにSNSの口コミで殺到する事が増えています。外国人の心に響くような何かがあれば、一気に観光スポットとしてブレークする事も考えられます。

大阪に行くことがあったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

京都のWILD-1はアウトドアグッズの宝庫です。垂涎モノのアイテムもあります

京都府下にアウトドアショップって、あまりありませんよね。アウトドア派の私にとって、正直言って結構つらいです。

ヨドバシカメラ京都にはアウトドアフロアはありますが、ロゴスやコールマンと言った定番商品が多く、ちょっと個性的なアウトドアグッズを探すとなるとなかなかないのが現状です。

ネットショップで商品を探すというのもありな話ですが、アウトドア関係のグッズって実際に目で見て、手で触って、体験したりしないと書いにくいものも多いので、ネットショップオンリーで商品を購入するというのもなかなか難しいです。

そこでおすすめするのがWILD-1というお店です。京都では京都市左京区岩倉の宝ヶ池店1店舗のみです。実は関西にはこのWILD-1は京都の宝ヶ池店しかなくて、関西人にとってはとてもレアなお店なんです。

このWILD-1はいろいろなメーカーのアウトドアグッズがあるのですが、一番の見どころはWILD-1の独自ブランドがあるということです、その名もテンマクデザイン。
個性的なタープやテントを作っているブランドです。ネットでも購入することができるのですが、ネットだと数量の問題ですぐに売り切れてしまうんです。でも店舗ならばネットで買うことができないテントも普通に売っています。
現物を見ることができるので、購入を決めるための情報もたくさん得ることができます。

最近はキャンプがブームになっていろいろな人がキャンプをしていますよね。テントが他の人とかぶってしまうのが嫌だなという思いを持っている方って結構いるとおもんですよね。でもこのWILD-1のテンマクデザインならば比較的持っている人も少ないので、おすすめです。そんなアイテムが実物で展示されているWILD-1はおすすめのアウトドアショップですよ。

 

【店舗情報】

店名:WILD-1 京都宝ヶ池店

住所:京都府京都市左京区岩倉西五田町41

電話番号:平日 10:30~20:00/土日祝 10:00~20:00

 

京都のつけ担々麺!いちおしの「風来房」は評判通りメチャウマです。

京都のラーメンと言うと、ラーメンのことを知らない人なら鶏ガラスープのあっさりラーメン、ラーメンが好きな人なら、豚骨醤油ラーメンと思われがちですが、じつは担々麺も美味しいんですよ^^

ということで、今回ご紹介するのは京都府長岡京市にある風来坊というつけ担々麺のらーめん屋さん。
平日の昼間であっても12時から13時の時間帯ならば10分か15分は待たないと入ることができないような人気ラーメン屋さんです。

休日になると、混む時間帯ならば店の前に10人くらい並んでいるような状態です。

メニューはつけ担々麺なんですが3つの種類があります。中国の四神になぞらえて、白虎、玄武、鳳凰、青龍に、黄龍というメニューがあります。

白虎は基本、玄武は黒ゴマ、朱雀は酸っぱい、鳳凰は超辛い、黄龍はカレー風味とそれぞれ個性を持ったメニューです。

もちろんつけ担々麺によくある熱盛りもありますし、スープ割りも可能です。

あとサイドメニューで肉味噌飯もありますが、この肉味噌飯もめちゃうまいです。甘い肉味噌が辛いつけ麺を中和してくれます。ぜひ頼んでみて下さい。病みつきになりますよ。

最寄りの駅からかなり遠く、でも駐車場が少ないという辺鄙な場所にありますが、一度食べたら結構病みつきになっちゃうつけ担々麺の風来坊、ぜひ行ってみてください。

 

【店舗情報】

店名:風来房

住所:京都府長岡京市神足大張8番地

電話番号:075-951-1747

営業時間:11:30~15:00/18:00~21:00

定休日:不定休

アクセス:JR東海道本線「長岡京駅」より徒歩12分